毛穴をなんとか塞ぎたい

糖質をとり過ぎるのはお肌のことを考えて頂戴。

糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。

糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、全身で老化を引き起こす糖化物質が生み出されるのです。肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができて黄ぐすみが目立ってきたり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果が心配されます。

頬の毛穴の開き具合が年齢とともにひどくなってきました。正面から顔を見た際に、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになったのです。

この毛穴、黒ずみをなんとか塞ぎたい、出来るだけ小さくなってほしいと思い、毎日のスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)洗顔を行っています。洗顔後に冷たい収斂化粧水で、パッティングを行っていますが、少し引き締まってきたように感じられます。夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから時節の変わり目だと思っています。

こういった時期、肌の乾燥が気になって仕方なくなります。

油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)は入念に行なうようにしていますが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルの使用も始めてみました。

オイルもいろいろありますが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。母はかなりニキビ肌で、私も中学からニキビのことで悩まされ、二十歳を越えた現在でも、ニキビができやすいので、顔のケアは意識してやっています。

そして、三歳になる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。

痛ましいことに絶対にニキビ肌になりそうです。

遺伝は恐ろしいなと思いました。

10代の時、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いとすぐにニキビが出ていました。

食事がこのように関係するんだ、と経験したものです。それ以降、年齢をかさねるとともに、食生活にも注意をし、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。そのおかげかニキビも完全に現れなくなったのです。

待ちに待った、誕生日がやってきました。

私も40代になってしまいました。

これまではUVとローションくらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまでのスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。

過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)では大丈夫とはいえない年齢ですよね。

自分で出来るエイジングケアには色々な方法があるので、調べなくてはと思っています。シミが目立ってきたかもと思ったら、まずは日頃のスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)によってお悩みを解消したいと思う方も多いかもしれません。

しかし、それでは解決しない時はクリニックに行けば、レーザーの照射などでシミを取るという方法もあるのです。エステサロンにおいては特殊な光によって、シミのお悩み解消を目さしているところもありますが、皮膚科なら、もっと強力なレーザー光線による治療でシミを撃退できるのです。

珈琲、それに、紅茶、緑茶等にふくまれるカフェインという成分は、お肌にシミを造る原因になると言われているのです。シミをいろいろな箇所に拡大、または、拡散させたり、長い間、カフェインを摂り続けていると色素沈着(基本的には、害はありませんが、見た目が悪く、時には疾患が原因で起こることもあります)が起こりやすい体質になってしまうのです。また、緑茶にふくまれることで知られるタンニンもシミにはよくないといわれる成分ですので、これ以上はシミを増やしたくない方は飲み過ぎることがないよう気を付けましょう。

目たち始めたシミを薄くする方法も様々だとは思いますが、私の御勧めは高濃度プラセンタが入った美容液をパフやコットンでパッティングすることですね。

肌なじみがよく、奥まで染み込むのがわかるはずです。

長い間使っているうちにシミの跡がかすかに残る程度になってきたので、元通りの白い肌になるまで使い続けようと思います。肌荒れ(あまりにもひどい時には、皮膚科での治療が必要でしょう)に効果的なスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)のやり方のポイントは、顔を洗うことと肌をしっとりさせることの二つです。

洗顔についての注意事項ですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして洗顔して頂戴。顔をしっかりと水でぬらしてから、たっぷりと泡をたてた洗顔フォームをのせて、泡で洗顔するようしてみて頂戴。洗顔料を残さないように、きちんと流すことも重要です。