お肌を傷つけないようにする

肌のシミについて考えるとき、体の内側を気をつけてみることも大切です。

美白に効果を発揮するというビタミンCは、レモンやパセリ、ブロッコリーなどにいっぱい入っています。

それと、肌が乾いてしまうとシミになりやすいですから、積極的にコラーゲンたっぷりの、牛スジや豚骨、うなぎ、鶏皮などを食生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)に取り入れてちょうだい。

また、食生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)においては、シミのことだけを考えるのではなく、バラエティに富み、多種多彩な栄養の摂りかたも心がけましょう。

乾燥肌にならないためには、洗浄力がほどほどの、刺激の少ないクレンジング剤を使うようにしてみてちょうだい。

落とすのが厄介なポイントメイクはそこだけ専用のリムーバーを使い、お肌を傷つけないようにしてちょうだい。後、洗顔の際もゴシゴシと擦るのはよくありません。キメの細かい泡を作って丁寧に洗い、ぬるま湯でしっかり流しましょう。

肌トラブルの中でも男性、女性や年齢を問わず多い悩みは、やっぱりニキビではないでしょうか。ニキビには、いくつもの種類(時には新しく発見されることもあるようです)があり、その理由、原因も多くあります。

ちゃんと自分のニキビの原因を知り正しい治療を心掛けることがキレイな肌を作る第一歩となるのです。皮脂分泌が多い肌の場合、肌全体に水分が行き届いているように見えますが、実は水分が十分ではない状態、というケースが多いです。肌の表面にカサツキが見られないのは、テカリの目たつ肌は過剰な皮脂分泌が実行されていますので、外からの乾燥だけは防げる傾向にあるためです。

でも、この皮脂が原因で肌の状態が悪くなるのですから、洗顔をすることで、余分な分を洗い流すことが大切です。近頃では、美容の技術の発展はまあまあ進んでいて、今では肌のシミを消すことも可能になりました。

シミを消す方法にはどんなものがあるかというとシミ改善に効果的なグッズの力で肌のシミが消えるか挑戦する方法、美容外科でシミ除去のための施術を受けるという選択の二つの方法があります。金銭的、それに、時間的な負担を考えて、自分に適した方法でお肌のシミの改善をおこないましょう。

体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。

以前、雑誌で話題になっていたダイエット(ファスティング)して、ウエスト6cm減の目標を達成しました。全体に適度な引き締めを期待して睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか替らず、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目たつことも(!)。

急に痩せてシワが出るほどの体型ではないんです。そもそも顔は痩せてないし。きれいになるはずが、なぜこうなった?。

と思いますよね。

とりあえずダイエットは辞めて、スキンケアを優先しようと思います。一般的に、基礎化粧品を使用する順番は人それぞれだと考えます。私は一般的に、化粧水、美容液、乳液の順序で使いますが、始めに美容液を使用するという方もいます。

どの順序が一番自分のお肌にピッタリしているお手入れ方法なのかは現実に試してみないと判明しないのではないでしょうか。私の母は2、3年前から顔にできてしまったシミにじっと考え込んでいました。その大きさはどれくらいかは十円玉くらいのものが一つ、少しだけ小さめのものがいくつか両頬に点々とありました。

1年ほど前、お母さんの美肌友達より「シミには発芽玄米が効果的」ときき、さっそく毎食に可能な限り取り入れてきました。

だから、シミは薄くなっています。

若いうちから肌にこだわる人は、中々いないかも知れません。どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、スキンケアを全くしないまま、若いしまだまだ問題はない、と思っていませんか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。シワができる原因は主に肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、とりわけ、それらが日々積み重ねられていくというのが長く肌に影響するのです。

というわけで、シワとは無縁の健康的な肌を保ち続けようとするなら、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。梅雨ってカビが増えやすい時節でしょう。

気温が高く、湿度も高い。そんな環境では、私達の肌の常在菌も増殖する傾向にあります。

真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされる皮膚に見られる病気で「でん風」と呼ばれるものは、これは全身、どこにでもできる可能性があります。皮膚が茶色くなり、シミのようになるでん風や、逆に、皮膚が真っ白になってしまうものもあります。ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。

少しでも気になることがあるようなら、まず皮膚科に行き、相談をしてみてちょうだい。

毛穴をなんとか塞ぎたい

糖質をとり過ぎるのはお肌のことを考えて頂戴。

糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。

糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、全身で老化を引き起こす糖化物質が生み出されるのです。肌でコラーゲンが糖と結びつき、糖化物質ができて黄ぐすみが目立ってきたり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果が心配されます。

頬の毛穴の開き具合が年齢とともにひどくなってきました。正面から顔を見た際に、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになったのです。

この毛穴、黒ずみをなんとか塞ぎたい、出来るだけ小さくなってほしいと思い、毎日のスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)洗顔を行っています。洗顔後に冷たい収斂化粧水で、パッティングを行っていますが、少し引き締まってきたように感じられます。夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから時節の変わり目だと思っています。

こういった時期、肌の乾燥が気になって仕方なくなります。

油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合もたまにあります。こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)は入念に行なうようにしていますが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルの使用も始めてみました。

オイルもいろいろありますが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。母はかなりニキビ肌で、私も中学からニキビのことで悩まされ、二十歳を越えた現在でも、ニキビができやすいので、顔のケアは意識してやっています。

そして、三歳になる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。

痛ましいことに絶対にニキビ肌になりそうです。

遺伝は恐ろしいなと思いました。

10代の時、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いとすぐにニキビが出ていました。

食事がこのように関係するんだ、と経験したものです。それ以降、年齢をかさねるとともに、食生活にも注意をし、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。そのおかげかニキビも完全に現れなくなったのです。

待ちに待った、誕生日がやってきました。

私も40代になってしまいました。

これまではUVとローションくらいしか使っていなかったんですが、どう考えても、これまでのスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。

過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)では大丈夫とはいえない年齢ですよね。

自分で出来るエイジングケアには色々な方法があるので、調べなくてはと思っています。シミが目立ってきたかもと思ったら、まずは日頃のスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)によってお悩みを解消したいと思う方も多いかもしれません。

しかし、それでは解決しない時はクリニックに行けば、レーザーの照射などでシミを取るという方法もあるのです。エステサロンにおいては特殊な光によって、シミのお悩み解消を目さしているところもありますが、皮膚科なら、もっと強力なレーザー光線による治療でシミを撃退できるのです。

珈琲、それに、紅茶、緑茶等にふくまれるカフェインという成分は、お肌にシミを造る原因になると言われているのです。シミをいろいろな箇所に拡大、または、拡散させたり、長い間、カフェインを摂り続けていると色素沈着(基本的には、害はありませんが、見た目が悪く、時には疾患が原因で起こることもあります)が起こりやすい体質になってしまうのです。また、緑茶にふくまれることで知られるタンニンもシミにはよくないといわれる成分ですので、これ以上はシミを増やしたくない方は飲み過ぎることがないよう気を付けましょう。

目たち始めたシミを薄くする方法も様々だとは思いますが、私の御勧めは高濃度プラセンタが入った美容液をパフやコットンでパッティングすることですね。

肌なじみがよく、奥まで染み込むのがわかるはずです。

長い間使っているうちにシミの跡がかすかに残る程度になってきたので、元通りの白い肌になるまで使い続けようと思います。肌荒れ(あまりにもひどい時には、皮膚科での治療が必要でしょう)に効果的なスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)のやり方のポイントは、顔を洗うことと肌をしっとりさせることの二つです。

洗顔についての注意事項ですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして洗顔して頂戴。顔をしっかりと水でぬらしてから、たっぷりと泡をたてた洗顔フォームをのせて、泡で洗顔するようしてみて頂戴。洗顔料を残さないように、きちんと流すことも重要です。